CONTENTS
. UP DATE : 2004-11/07--------------------------ATLANSIA ( N.HAYASHI ) の PATENTS




Thanks for your access.



P09




Nobuaki Hayashi ,( H.Noble )





P.9 We have many properties genuinely original.


拡大画像 拡大画像 拡大画像 NO.81
X- RAYS PICTURE




NO.81 ●X線撮影●GUITAR NECKのレントゲン撮影による内部の診断●

今から40年ほど前になります。日本にエレキブームが到来。右も左も分からなかった当時のことです。 高級な舶来品のNECKを破壊して内部をみるのは心が痛み、X線撮影することを思いつき、挑戦してみました。 結果は大成功でした。(中を無断で見てしまい、すみません。)REPAIRで鉄芯切れなどの内部診断に使えそうですね。撮影は医療施設にお願いするのですが、 健康保険は利きませんので実費ということになります。 (2003-9/23)
画像用意出来ましたので、掲載させていただきます。
左と中がG社LP MODEL、右がF社SC MODEL (2004-11/07)



拡大画像 NO.82
POSTURE CONTROL OF PICK-UP


It is possible to control pick-up posture ,rise,fall,tilt and swing with screws without spring or rubber cushion.
You can get the best sound balance . Because it sets strongly not shakily to the pick-up cavity of body. This method is clearly different from conventional one.



NO.82 ●PICK-UP姿勢の制御●ATLANSIA ORIGINAL PICK-UPの姿勢制御●
RISE/FALL(UP/DOWN)、SWING、TILTが自由に出来ます。従来方法は、P/Uの下にSPRINGやスポンジなどのクッションをかう方法でしたが、 ATLANSIAの本案は、P/Uの対角の2本のネジは押し上げ専用に、もう一方の対角の2本のネジを押し下げ専用にし、この4本のネジの調整で、 自由自在に姿勢を制御するものであります。固定状態も、不安定さが無く、しっかりした固定になります。POWER BALANCEも、 自由に調整可能ならしめます。



拡大画像 拡大画像 NO.83
TREMOLO UNIT OF FLAPMAN 7ST WITH TUNER




NO.83 ●TREMOLO UNIT●FLAPMAN 7ST WITH TUNER ●2003-10-09
  TUNER付のFLAPMAN TREMOLOです。
  磨耗した場合、支点の交換が可能です。
  低音側でのTREMOLOの効き過ぎを是正することが出来ます。(BODY設計段階)
  ARMは両SIDEに取り付け可能です。



拡大画像 拡大画像 NO.84
EASY CHANGEABLE BATTERY BOX COVER WITHOUT TOOL


You can change the battery without tool.
The cap is made from urethane rubber foam.


NO.84 ●BATTERY BOX COVER●EASY CHANGEABLE WITHOUT TOOL ●
  COVERがスポンジ製なので、バッテリー交換がドライバー無しで簡単に出来ます。COVERは飛び出さないように木部が奥広がりになっております。



拡大画像 NO.85
D-TUNER FOR CONCORD MODEL




NO.85 ●D-TUNER●FOR CONCORD MODEL●(2003-10/24)
   構造は単純です。 作りは堅牢です。 微調整はNO TOOLで可能です。



NO.86
FRETTING BY SUPERSONIC WAVE




NO.86 ●FRETTING●超音波によるFRETの打ち込み●FRETTING BY ULTRA SONIC INSERTING MACHINE
現在、超音波を応用したものは、医療用機器から美容器具まで、幅広い分野で利用されておりますが、 ここでは超音波を利用して、指板にFRETを打ち込む方法のご紹介です。 その方法とは、予め切られた溝に、FRETをAIR シリンダーなどの先に着けたホーン で、軽く抑え、(AIRの場合平方CM2kg位)超音波を瞬間的にかけることにより、INSERTする方法です。この方法の狙いは、 あまり強い衝撃を与えずに、FRETを打ち込むことを旨としたものです。 GUITAR本体に有害な力がかからないので、生GUITARなどのFRET打ち込みには、たいへん有効な方法と言えます。 また、FRET溝木部の組織をあまり破壊しないので、保持力が強いこと、打ち込み強度ムラが少ないことなどが、 特徴といえます。(2003-11/13)



拡大画像 拡大画像 拡大画像 NO.87
WOODY TRIPOD FOR LARGE FORMAT CAMERA


When I went out to take the photograph of nature ,I always felt inconvenience to the tripod. I can not have long movement with having attached a camera to the tripod. Therefore, I designed a tripod with wide installation position of legs.  With having attached big caera or a telephoto lens to this tripod and carry it on back , can walk a long range.

This product may be unrelated to the musical instrument. However, this may have the point of contact somewhere;, for example, use it with the stand of the musical stringed instrument.




NO.87 ● WOODY TRIPOD FOR LARGE FORMAT CAMERA ● 大型カメラ用木製三脚 楽器用?
この三脚の特徴はカメラを取り付けた状態で肩にリュックのように背負えることです。

STEEL GUITARや,その他のGUITAR,BASSの保持にも使えるようにしてみました。(2005-10/13) 拡大画像

TRIPOD PAGE に飛びます、参考にご覧下さい。TRIPOD 三脚



拡大画像 拡大画像 NO.88
THE APPLIANCE OF READING BOOK IN BATHROOM USE




NO.88 ●浴室用書見器!試作をしてみました。入浴しながら新聞,雑誌が読め、
図面を見ながら設計を練ったり出来るなんて如何でしょうか。 "OTHER PRODUCTS PAGE"( 2003-9/27 )




拡大画像 NO.89
NEW WINDER SETTING




NO.89 WINDER SETTING●HEADから飛び出し感の少ない弦巻きの取り付け●
HEADの稜線からKNOBの部分だけが出ていて、軸の部分は完全に中に隠れています。
出っ張りが少ないので、持ちまわしが大変よくなりました。色々な製品を比較してみて下さい。( 右写真は1993年発表のPENTAGONE 5ST BASS )



  

拡大画像 拡大画像 NO.90
INDIVIDUAL TAILPIECE / BRIDGE FOR BASS




NO.90 ●各弦独立型BASS用TAILPIECE/ BRIDGE ●
ATB-10"HEXER 2"
  本体とSCREWはSTAINLESS STEEL製なので素材の信頼性は抜群です。 DESIGNが6角型とユニークかと思いますが、この形の材は規格にあり(NUT用)、手に入り安いこともあり、COST面が 期待できそうです。



P.9 We have many properties genuinely original.

P.10 NEXT PAGE
P.8 PREVIOUS PAGE
PATENT TOP PAGE

The flowing water does not know the stagnation. N.Hayashi
Please expect at the next time.
増殖途中です。 GUITARの世界がどんどん変わる。“流水不知沈滞”(流水 沈滞を知らず)ご期待下さい。

If you would like to make use of these designs, please feel free to contact us.
We invite all inquiries and will reply as soon as possible.

●上記事件使用ご希望の方はご一報下さい。●

EML:ATLANSIA




〒399-0033
長野県松本市笹賀5882-2 アトランシア有限会社
TEL:0263-25-2389
FAX:0263-25-6644

EML:ATLANSIA